ストーリー , ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー , 北米就職

第5話: バンクーバーでの英語学習 Part 1 「Eh+」 | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

第5話: バンクーバーでの英語学習 Part 1 「Eh+」 | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

, ,

“Hi, How may I help you?”

私は『とある学校』の受付をやっていた。

その学校とは Eh+(エープラス)という語学学校。

別に前の学校を辞めたわけでもなければ、Eh+で就職したわけでもない。

スピーキング、リスニングのスキルを上げるために、通常の学校が終わった後に、このEh+に通うことにした。

私が受付をやっている理由は
Eh+でインターンをやるとそのお返しにFree Classがもらえるからだ。

受付と言っても、マテリアルの準備など簡単な作業が多く、常に忙しくしている訳ではなかった。
ほとんどの時間を学校の宿題をやったり、英語の勉強に費やして効率よく時間を使った。

Eh+の授業の方はというと、非常によかった。

教材やカリキュラムはハンドメイドで、教科書通りの英語ではなく、ネイティブスピーカーが普段使っている表現や砕けた英語の解説など、実践的な英語を学ぶことができた。

例えば、himやthemの”h”や”th”を飛ばして、”im” ”em”と発音する事が多いなど、まだまだネイティブスピーカーの英語についていけない私からすると、どうやって英語が使われているかを知れるのはよかった。

ただ、Eh+に通った本来の目的はスピーキング力を伸ばすためである。
私はそのためにとにかく英語でのアウトプットをガンガン行った。

アウトプットを積極的に行うようになると、自身の英語表現の幅の狭さが嫌になり、インプットを増やす。インプットを増やすと、アウトプットがさらに楽しくなりどんどんインプットを増やしたくなるというプラスのスパイラルに入っていくのを実感した。

スピーキングの中でも特に意識したのは発音。
せっかく、北米にきたのだから発音を綺麗にして帰りたいという思いがあった。

私は当時、発音を改善するために自分の英語を録音して、聞いていた。

それを聞き返すたびに気分が落ちる。自分の発音の下手さに嫌気がさすからだ。

しかし、その中で気づいたことがある。

私は発音の練習もかねて、よく音読の練習をしていた。
音読をスタートしたときは、途切れ途切れだが、読むにつれてどんどん自分の発音がよくなっていく、それがモチベーションになり、もう少し読み進めたくなる。

こんな感じで自分のモチベーションをうまく上げつつスピーキング力を上げていった。

最終的に、Eh+には一時帰国までの10ヶ月間通った。週2-3回だけだったが、空いた時間を見つけては、スポット的に使った。

もちろん授業の内容には満足している。

しかし、どうしても純粋な語学学校に通ってみたいという衝動を抑えられず、別の学校に通うことにした。

編集後書 #5

今回は、英語を伸ばすために現地で行ったことの一つについてお話しさせて頂きました。

入ったビジネススクールは先生1人対生徒20ー30人で、大学の授業に近いスタイル。思ったより「話す機会」がなかったのです!

プレゼンなどの機会が多少あるものの、その人数で行うので一人数分。

4技能(読む・書く・話す・聞く)のうち一番強化していきたい「話す」がほぼ行われない環境に「これはマズイ…」と思い、即次の作戦へ!

「価格・フレキシブルなレッスンスケジュール・ネイティブから学べる」という条件で探し当てたEh+(エープラス)に通う事にしました。

これは現地に行ってから改めて気付いた事ですが、当然【英語の伸び方には個人差がある】のです。

  • 元々の英語力
  • パーソナリティ(積極的に話しかけることが出来る性格か?etc…)
  • 耳の良さ(私はあんまり良い方ではないかと。笑 一説によると歌の上手い人はリスニングも得意だそうです)
  • 日本語に逃げない精神的なタフさ
  • と言った内的要因に加え、外部環境も大いに影響します。

  • ホームステイ先の環境(ネイディブか?話しかけてくれるか?)
  • シェアハウスなら誰と住むか
  • パートナーの有無
  • 周りの日本人比率、日本語環境
  • 外部環境の方は正直行ってみないと分からない部分が多く、運次第なところもあります。

    留学前には予想が出来ない部分なので「その時々にどのような学習が必要か?」を常に考えて行動する事が大事だなと思いました。

    第6話: バンクーバーでの英語学習 Part 2 「Sprott Shaw College プレゼンテーション強化コース」」へつづく

    [ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリーの一覧]
    第0話: ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー
    第1話: あるきっかけ
    第2話: 英語への憧れと留学への決意
    第3話: 留学前のラストスパート
    第4話: カナダ到着、学校初日、早速の危機感
    第5話: バンクーバーでの英語学習 Part 1 「Eh+」
    第6話: バンクーバーでの英語学習 Part 2 「Sprott Shaw College プレゼンテーション強化コース」
    第7話: バンクーバーでの英語学習 Part 3 「ランゲージエクスチェンジ」
    第8話: バンクーバーでのバイト探し
    第9話: Co-opプログラムとインターン
    第10話: インターンからアルバイト、そして帰国
    第11話: 日本帰国とバンクーバー再渡航
    第12話: 就職活動、苦悩、意外なきっかけ
    第13話: 見込み薄のミーティング 、そして…
    第14話: 初サンフランシスコと初英語ミーティング
    第15話: 英語リサーチとクライアントの説得
    第16話: Trademark問題、Amazonストア、ブランド名の変更
    第17話: 最後の2週間とこの先

    この記事をシェアする
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    employment  北米就職に関する記事

    アンケート調査 | 海外就職成功者20人に聞いた就活方法、渡航時の英語力・貯金額、他

    2019.01.30
    北米就職 , コラム

    TOEIC450点から4ヶ月で北米就職した経験者が語る海外就職に失敗する3つの理由

    2016.11.30

    海外就職ガイド | 就職活動の方法からビザの計画の立て方まで

    2018.10.16

    stories  ストーリーに関する記事

    北米就職 , ストーリー

    第2話: 英語への憧れと留学への決意 | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

    2019.09.13
    北米就職 , ストーリー

    第3話: 留学前のラストスパート | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

    2019.09.20
    北米就職 , ストーリー

    第4話: カナダ到着、学校初日、早速の危機感 | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

    2019.09.27

    pickups 注目記事

    北米進出 , コラム

    【2020〜2021年版】アメリカの主要展示会リスト112選 (ラスベガス、ニューヨーク、サンフランシスコ他)

    2020.04.27
    北米進出 , インタビュー

    GAFAがニューヨークのハドソンヤード地区にて2万人雇用予定。背景には働き手の趣向の変化があった? – Ep. 11

    2020.02.24
    film-crew
    北米起業 , インタビュー

    「ニューヨーク x 未経験」映画業界への挑戦、ドラマ『報道バズ』の監督、川出真理さんインタビュー

    2020.02.14
    Touch-Base Peer-to-Peer

    Touch-Base Peer-to-Peerは海外で活動する人同士の情報交換・コラボレーションを目的として作られたFacebookグループです。これから海外に挑戦する方からの質問や相談も受け付けております。参加料は無料。お気軽にご参加ください。

    Facebookグループページを開く
    Touch-Baseの無料ニュースレター

    最新のアメリカ・カナダのビジネス情報やウェビナーやワークショップの情報をお届け。購読無料です。






    Privacy Policyページ