ストーリー , ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー , 北米就職

第13話: 見込み薄のミーティング 、そして… | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

第13話: 見込み薄のミーティング 、そして… | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

, ,

「レジュメはもらったっけ?」

紹介されたマーケティングエージェンシーとのミーティング当日、開口一番にこう聞かれた。
当然、Resume、CV、ポートフォリオをセットで事前に送っている。

実はこのミーティング自体も、向こうの都合で1週間延期していた。
見込み薄なのは、これらの事からはっきりわかった。

そもそも今回のミーティングは面接ではない。あくまで紹介だ。見込み薄なのは当たり前。

事前のメールではこのように明言されていた。

“Currently, we’re not hiring for any positions related to your experience, but I’m happy to meet for a brief chat to discuss potential opportunities in the future as we are a growing agency.”

簡単に言うと「今は雇ってないよ」という事だ。

ただ今回の面談を通して、自分の日本での経験がバンクーバーでどう評価されるか知りたかったので、それ自体は楽しみだった。

私はあまり気負わずにミーティングに挑むことにした。

そのマーケティングエージェンシーはバンクーバーでは珍しい、マーケティング戦略からしっかりやっているエージェンシー。前回のストーリーでお伝えした通り、バンクーバーではマーケティング = デジタルマーケティング(主にSocial Media Marketing)なのだ。

ミーティング中、何の気なしに、その話に触れた。

会社探しをしていた時「Vancouver Markering」で検索して出てくる上位20社くらいのWebサイトを見漁っている中、この会社はデジタルばかりではなく「戦略」にもフォーカスしているなと印象に残っていたからだ。

すると相手の顔色が変わった。

突然、クリエイティブディレクターを呼んできて、私の日本でのマーケティング経験を詳しく話して欲しいと言われた。

新製品のコンセプト開発、ローンチ後の認知、使用率アップをどのように実現したのかを説明した。

全体で1時間程度、話をしていたと思う。

そして、なんと突然「クライアントとの承諾は必要だが、仮採用」と言われたのである。どうやら、現在進行中のプロジェクトで私の経験・スキルが求められているものがあるらしい。

何より自分のやってきたことを理解してもらって、認めてくれたのは嬉しかった。

正直、給料は想定していたよりも低かった。
ショックを受けつつも、バンクーバーで得られる経験を考え、即決めした。

このミーティングの2日後、金曜日に行ったクライアントとのテレビ会議で正式に採用が決まり、次の月曜から働き始めることになる。

そして、同じ週の木曜日と金曜日にクライアントの本社があるサンフランシスコに出張になった。

物事がすごいスピードで進みすぎて正直ついていけなかった。

つい1週間前までは、先が見えない就職活動にかなり落ち込んでいたのに、
その次の週にはサンフランシスコにいく準備をしている自分がいる。本当に人生は何があるかわからない。

編集後書 #13 (やったこと・出来る事を伝えられるか)

今回は13話ということで、知り合いのツテで繋がった会社と面談した話をさせていただきました。

当初、”今後の機会のために、繋がっておこう”的なほぼ見込みなしの面談でした。そして仕事が決まった次の週にはクライアント先のサンフランシスコへ出張が入り、前職でも経験がなかった初の海外出張がまさかの「カナダ⇄US」という仰天な展開へ。。。

余談ですが、海外の面接では「ポートフォリオ=やってきた事の見える化」を求められる事があります。

日本ではクリエイター系の職種だと普通だったり?するのですが、私のようなGeneralな職種(職務経歴書のVisual化のようなイメージですが)でもあった方が良いです。

確かに同じ国同士なら「XX企業でXXしていました」と言えば何となくやってきた事は想像はできますが、他の国の企業名なんてそもそも知らないし規模も想像つきませんからね。前提条件が異なる地での就職は、いかにシンプルに「やった事」「出来る事」を伝えられるかなんだなと実感しました。

第14話: 初サンフランシスコと初英語ミーティング」へつづく

[ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリーの一覧]
第0話: ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー
第1話: あるきっかけ
第2話: 英語への憧れと留学への決意
第3話: 留学前のラストスパート
第4話: カナダ到着、学校初日、早速の危機感
第5話: バンクーバーでの英語学習 Part 1 「Eh+」
第6話: バンクーバーでの英語学習 Part 2 「Sprott Shaw College プレゼンテーション強化コース」
第7話: バンクーバーでの英語学習 Part 3 「ランゲージエクスチェンジ」
第8話: バンクーバーでのバイト探し
第9話: Co-opプログラムとインターン
第10話: インターンからアルバイト、そして帰国
第11話: 日本帰国とバンクーバー再渡航
第12話: 就職活動、苦悩、意外なきっかけ
第13話: 見込み薄のミーティング 、そして…
第14話: 初サンフランシスコと初英語ミーティング
第15話: 英語リサーチとクライアントの説得
第16話: Trademark問題、Amazonストア、ブランド名の変更
第17話: 最後の2週間とこの先

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

employment  北米就職に関する記事

北米就職 , インタビュー

カナダ・バンクーバーで就職!Leoさんの海外就職インタビュー

2019.02.22
北米就職 , インタビュー

バンクーバーのうぇぶ屋に聞くIT系の海外就職成功3つの条件と失敗パターン5つ

2017.12.16

アンケート調査 | 海外就職成功者20人に聞いた就活方法、渡航時の英語力・貯金額、他

2019.01.30

stories  ストーリーに関する記事

北米就職 , ストーリー

第10話: インターンからアルバイト、そして帰国 | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

2019.11.08
北米就職 , ストーリー

第11話: 日本帰国とバンクーバー再渡航 | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

2019.11.15
北米就職 , ストーリー

第12話: 就職活動、苦悩、意外なきっかけ | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

2019.11.22

pickups 注目記事

北米進出 , コラム

【7月18日(土)開催ウェビナー】アメリカの日本酒スタートアップ Tippsyに聞く、サブスクビジネスを1年半運営して学んだこと

2020.06.26
北米進出 , コラム

【2020〜2021年版】アメリカの主要展示会リスト112選 (ラスベガス、ニューヨーク、サンフランシスコ他)

2020.04.27
北米進出 , インタビュー

GAFAがニューヨークのハドソンヤード地区にて2万人雇用予定。背景には働き手の趣向の変化があった? – Ep. 11

2020.02.24
Touch-Base Peer-to-Peer

Touch-Base Peer-to-Peerは海外で活動する人同士の情報交換・コラボレーションを目的として作られたFacebookグループです。これから海外に挑戦する方からの質問や相談も受け付けております。参加料は無料。お気軽にご参加ください。

Facebookグループページを開く
Touch-Baseの無料ニュースレター

最新のアメリカ・カナダのビジネス情報やウェビナーやワークショップの情報をお届け。購読無料です。






Privacy Policyページ