ストーリー , ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー , 北米就職

第6話: バンクーバーでの英語学習 Part 2 「Sprott Shaw College プレゼンテーション強化コース」| ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

第6話: バンクーバーでの英語学習 Part 2 「Sprott Shaw College プレゼンテーション強化コース」| ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

, ,

いきなりビジネススクールに通い出した私にとっては、アクティビティがあって、英語自体を学べる語学学校は少し憧れの存在でもあった。

その憧れを「カナダにいるうちにやりたい事は全部やろう!」とポジティブに解釈し、Arbutus Collegeを1ヶ月休み、Sprott Shaw College という学校に通うことにした。

受講したのはプレゼンテーションの強化コース。クラスは大体15人程度だった。

とにかく、ディベートやプレゼンテーションを頻繁に行うカリキュラムで
結果的にスピーキング力の向上はもちろん、自分の英語に対する自信がついたと思う。

まず1日3回、授業が始まる前にクラスの中から2人、プレゼンテーションをしてクラスの空気をウォームアップする。喋るテーマはなんでもOK、最低2,3個はクラスに質問する。ほぼ毎日人前で何か喋らないといけないのはプレッシャーだったが、やってよかったと思う。

そして授業の中身に関しては、週ごとに変わるテーマに沿って、ディベートやプレゼンテーションを行うというもの。ソーシャルメディア、環境問題、人権問題など、喋るテーマは多岐にわたる。

もちろん授業は全員参加。ディベートやプレゼンテーションの内容はビデオで録画され、毎回先生からフィードバックをもらうことができる。

生徒は日本人と韓国人がほとんど。
ただ、学費が高いこともあって、生徒の意識は高かった。
そこで知り合った友人とは日本人であっても常に英語でコミュニケーションをとっていた。

また、私が当たった先生が特によかったと思う。
先生はフィリピン系のカナダ人で、英語学習をしているアジア人に思い入れがあり熱心に教えてくれた。あるとき、時間外に日本人の生徒を集めて、日本人の苦手な発音コースを開いてくれたりしたこともあった。

Sprott Shaw College の1ヶ月のカリキュラムを終えて、もとのArbutus Collegeに戻った時に特に成長を実感した。人前で喋るときにも、場数を踏んだことが自信になり、以前ほど身構えることがなくなったのだ。

以前はペラペラだと思っていた学生に話しかけるのも、すんなり話かけることができたし、プレゼンテーションする時も以前ほどプレッシャーに感じなくなった。

もともと語学学校を体験してみたいと思って通い始めた Sprott Shaw Collegeだったが、結果的に私のスピーキング力を飛躍的に向上させてくれた。

編集後書 #6

第6話は英語強化のPart2。
「憧れ」の語学学校に1ヶ月入った話です。

なぜ「憧れか」というと、私はビジネススクールに直接入学したので
英語自体を学べる&そういうモチベーションで来ている仲間にも
出会える「語学学校」に行った事がなかったのです。

クラス後や週末にアクティビティがあったり
単純に「楽しそう!」と言うイメージもありました。

「とにかくカナダで出来ることは全てやろう!」
と言う心持ちでいたので、
痛い出費(入学金+授業料で17-8万くらい??)ではありましたが
元々のビジネススクールを休学して1ヶ月通う事に決めました。

結果を言うと、大満足でした。
謎に抱いていた語学学校への欲も満たされ、
結果的に英語力、特に人前で話す事への抵抗感がかなり薄れました。

第7話: バンクーバーでの英語学習 Part 3 「ランゲージエクスチェンジ」」へつづく

[ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリーの一覧]
第0話: ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー
第1話: あるきっかけ
第2話: 英語への憧れと留学への決意
第3話: 留学前のラストスパート
第4話: カナダ到着、学校初日、早速の危機感
第5話: バンクーバーでの英語学習 Part 1 「Eh+」
第6話: バンクーバーでの英語学習 Part 2 「Sprott Shaw College プレゼンテーション強化コース」
第7話: バンクーバーでの英語学習 Part 3 「ランゲージエクスチェンジ」
第8話: バンクーバーでのバイト探し
第9話: Co-opプログラムとインターン
第10話: インターンからアルバイト、そして帰国
第11話: 日本帰国とバンクーバー再渡航
第12話: 就職活動、苦悩、意外なきっかけ
第13話: 見込み薄のミーティング 、そして…
第14話: 初サンフランシスコと初英語ミーティング
第15話: 英語リサーチとクライアントの説得
第16話: Trademark問題、Amazonストア、ブランド名の変更
第17話: 最後の2週間とこの先

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

employment  北米就職に関する記事

未経験から海外就職!バンクーバーのスタートアップにフロントエンドデベロッパーとして就職されたHidetoさんへのインタビュー

2019.02.25
北米就職 , ストーリー

第0話: カナダのデジタルマーケター海外就職ストーリー

2019.02.19
北米就職 , インタビュー

保育未経験からカナダで保育士になるまで | COSのHarukaさんインタビュー

2019.06.08

stories  ストーリーに関する記事

北米就職 , ストーリー

第3話: 留学前のラストスパート | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

2019.09.20
北米就職 , ストーリー

第4話: カナダ到着、学校初日、早速の危機感 | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

2019.09.27
北米就職 , ストーリー

第5話: バンクーバーでの英語学習 Part 1 「Eh+」 | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

2019.10.04

pickups 注目記事

北米進出 , コラム

【2020〜2021年版】アメリカの主要展示会リスト112選 (ラスベガス、ニューヨーク、サンフランシスコ他)

2020.04.27
北米進出 , インタビュー

GAFAがニューヨークのハドソンヤード地区にて2万人雇用予定。背景には働き手の趣向の変化があった? – Ep. 11

2020.02.24
film-crew
北米起業 , インタビュー

「ニューヨーク x 未経験」映画業界への挑戦、ドラマ『報道バズ』の監督、川出真理さんインタビュー

2020.02.14
Touch-Base Peer-to-Peer

Touch-Base Peer-to-Peerは海外で活動する人同士の情報交換・コラボレーションを目的として作られたFacebookグループです。これから海外に挑戦する方からの質問や相談も受け付けております。参加料は無料。お気軽にご参加ください。

Facebookグループページを開く
Touch-Baseの無料ニュースレター

最新のアメリカ・カナダのビジネス情報やウェビナーやワークショップの情報をお届け。購読無料です。






Privacy Policyページ