ストーリー , 北米就職

第10話: インターンからアルバイト、そして帰国 | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

第10話: インターンからアルバイト、そして帰国 | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

,

インターン先として決まったManaged ITの会社は、全体で15名ほどのベンチャー企業。
当然日本語話す人は私以外1人もいない状況。

サービス内容としては、自社でITデパートメントを抱える余裕がない、または効率的に運用できていない50-100名規模の会社に向けてアウトソーシング型のITソリューションを提供していた。

社内には電話営業 (コールドコール)の人が複数名在籍しており、
私はEmailとLinkedInのInMailを駆使してCTOに連絡を取り続けていた。
いわゆるコールドEmail、コールドメッセージと言われるものだ。

CEOと距離が近い会社だったため、直接彼の部屋に行って
コールドEmail、メッセージに対してどれくらいの反応があったかを、都度相談しながら進めていった。

結局、2ヶ月のインターンを終えた後、ビザの規制範囲を超えない時間内でパートタイマーとして仕事をオファーされることになった。
その理由はひとえに業務内容に満足してもらえたからである。

インターン中、とにかく行動量を増やすことで、商談を数件獲得。1件成約ギリギリのところまでいった。今までのインターンでここまで成果を出したのは初めてだと賞賛された。

オファーされたアルバイトは同じCEOがやっている別会社。
再生可能エネルギーの管理ソフトウェアの開発・販売を行っている会社で、当時、日本での拡販を狙っていたので私は適任だった。

エネルギー業界の知見がなかった私は、まず日本のエネルギー業界のリサーチ、関連会社のリストアップから始めた。

とにかく、見込み顧客の反応を聞いてみないとわからないということで、日本のエネルギー関連会社にアプローチを始めることにした。

まずメールを送るところから始めたが全く反応がなく、電話営業したら話を聞いてくれるところが数件。時差の問題のせいで、1日10-15件程度電話をかけるのがやっとで、なかなか思うように進めることができなかった。

そもそも、日本での拡販を決めた理由に北米、ヨーロッパでの反響の良さがあった。

しかし直接、日本の会社の反応を聞けば聞くほど、日本で戦うのは厳しいということがわかった。
その理由は未だに古いやり方を踏襲しており、彼らからすると欧米の環境と比べ5-10年ほど遅れている状態。

オートメーションが売りのソフトウェアなので、その強みを発揮する環境が整ってないという感覚だった。つまり、会社の想定と現場のニーズにギャップがあるということである。

これをCEOに伝えた上で、とりあえず2ヶ月間できるだけやってみようという結論になった。

地道に電話営業を続けていると1社、ソフトウェアのデモを見たいというところを見つけることができた。急いでソフトウェアとウェブサイトの日本語翻訳を行い、なんとかデモに間に合わせることができた。

しかし、結局そうこうしているうちに、帰国日が来てしまい、この会社を離れることになった。

帰国後に日本支社立ち上げのオファーをもらうことができたが、当時はバンクーバーに戻ってくるか決めかねていたので、断ることにした。

(つづく)

[これまでのストーリー]
第0話: ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー
第1話: あるきっかけ
第2話: 英語への憧れと留学への決意
第3話: 留学前のラストスパート
第4話: カナダ到着、学校初日、早速の危機感
第5話: バンクーバーでの英語学習 Part 1 「Eh+」
第6話: バンクーバーでの英語学習 Part 2 「Sprott Shaw College プレゼンテーション強化コース」
第7話: バンクーバーでの英語学習 Part 3 「ランゲージエクスチェンジ」
第8話: バンクーバーでのバイト探し
第9話: Co-opプログラムとインターン

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

related  北米就職に関する記事

北米就職 , ストーリー

第0話: カナダのデジタルマーケター海外就職ストーリー

2019.02.19

海外就職ガイド | 就職活動の方法からビザの計画の立て方まで

2018.10.16
北米就職 , インタビュー

保育未経験からカナダで保育士になるまで | COSのHarukaさんインタビュー

2019.06.08

interviews  インタビューに関する記事

北米就職 , ストーリー

第7話: バンクーバーでの英語学習 Part 3 「ランゲージエクスチェンジ」| ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

2019.10.18
北米就職 , ストーリー

第8話: バンクーバーでのバイト探し | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

2019.10.25
北米就職 , ストーリー

第9話: Co-opプログラムとインターン | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

2019.11.01

pickups 注目記事

北米進出 , Podcast

Ep.03 – アメリカ・カナダ向けサイト構築!SEO視点でのサーバー・ドメインの選び方

2019.11.23
北米進出 , インタビュー

ニューヨークに進出する飲食店が知っておくべき訴訟事例4選と対策

2019.10.26
takeo-suzuki
北米起業 , インタビュー

東京、ロンドン、ニューヨーク 世界で活躍する美容師 Takeo Suzukiさんインタビュー

2019.10.14

Touch-Base Peer-to-Peer

Touch-Base Peer-to-Peerは海外で活動する人同士の情報交換・コラボレーションを目的として作られたFacebookグループです。これから海外に挑戦する方からの質問や相談も受け付けております。参加料は無料。お気軽にご参加ください。

Facebookグループページを開く

touch-baseとは

Touch-Baseとは海外就職、海外起業、海外進出など、海外へ挑戦する個人・企業に向けて、表面的な情報ではない現地のリアルな情報の発信・交換、コラボレーションの創出を目的としたプロジェクトです。
海外のリアルな情報や海外で活躍する方の成功体験をシェアすることで、これから海外に挑戦する個人、企業の数を増やすことに貢献できればと考えています。

詳しく見る