ストーリー , ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー , 北米就職

第3話: 留学前のラストスパート | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

第3話: 留学前のラストスパート | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

, ,

海外に行くと決めてからは英語の勉強に力をいれた。

この時点ではまだ会社を辞めていなかったので、かなり過密なスケジュールだった。

私が行った勉強方法は以下の2つ。

1. オンライン英会話
2. 英語塾への通学

オンライン英会話は “ネイティブキャンプ”というサービスを使った。
始めて早々、自分のスピーキング力のなさに愕然としたのを覚えている。

使っているボキャブラリは知っているが、どう使っていいのかわからない。
そんな状況だった。

もう一つは英語の塾への通学。この英語塾はPresenceというスパルタで有名な学校だった。
渡航前の2ヶ月間、毎週1回授業があった。

クラスは15名程度で、社会人が中心だった。
「公用語が英語になり慌てて英語学習をスタートした」、「昇格のためにTOEIC800点が必要」など、理由は人それぞれだったが皆が明確な目標を持っていた。

授業では文法など具体的な事を教えるというより、コーチングがメイン。

前回の授業で出された課題を毎週振り返り、できなかった事・不足していた事などを抽出し、次の週の行動計画に反映するというまさに仕事のような流れだ。

とにかく大変だったのは、毎週20時間ほど自習をしないといけないこと。

私はこの時、会社で働きつつ、転職活動も同時に行っていた。

20時間を確保するため、通勤時間、帰宅後など空いている時間はほぼ全て英語学習に費やした。(必死すぎて、会社のトイレで単語を覚えようとしたこともある)

平日は毎朝早起きして2時間程度、休日は5-6時間ずつ勉強していたと思う。

数年ぶりに「暗記する」という作業をしたので、脳みそが追いつかず、始めは大変だった。
大学受験の時ぶりに、赤シートを使って必死に語彙力を増やしていった。

今振り返っても、この学校に通ってよかったと思う。

1つ目は、「頭を勉強脳に切り替えることができた」こと。
2つ目は、「語彙力が飛躍的に伸びた」こと。

毎日必死に勉強している間に、気付けばカナダ渡航直前になっていた。

会社では引き継ぎなどを行い、ついに出社最終日を迎えた。

カナダへ渡航することを仲の良い同僚に伝えると驚かれたが、ありがたい事に皆が応援してくれ、良好な関係なままで退職することができた。

「カナダ渡航前にできることは全てやった」

思えばカナダ留学を思い立ってから2ヶ月足らず。
必要な準備を全て終え、これから海外での生活が始まる。

「これから、長いカナダ生活の始まりか・・・。」

海外での長期滞在はこれが初めて。言語以前に、生活に慣れるかどうかという不安もあったが「まぁ何とかなるだろう」という楽観的な気持ちで渡航日を迎えた。

編集後書 #3

当時は転職活動もしていたため、外資系の目安となるTOEICの点数目標を決めて勉強していました。

短期集中でやるならある程度の強制力が必要と思い、2ヶ月間プレゼンスという塾にかよいました。

授業は週一、英語自体を教えてくれるというわけではなくコーチングスタイルです。

毎週膨大な課題、暗記物が出て、それを1週間の中で1時間単位のスケジュールを立ててこなしていく…次の週に頭に入ってるかのテスト&課題抽出→学びを次週へ活かす、というサイクル。

これとほぼ同じような事を前職で毎週実践してたので、私の性には合ったのかもしれません?

週に15-20時間は勉強してと言われるので、朝5時に起きて勉強したり、通勤時間も全てあててました。土日は5-6時間ずつ、とにかく英語漬けの日々でした?

第4話: カナダ到着、学校初日、早速の危機感」へつづく

[ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリーの一覧]
第0話: ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー
第1話: あるきっかけ
第2話: 英語への憧れと留学への決意
第3話: 留学前のラストスパート
第4話: カナダ到着、学校初日、早速の危機感
第5話: バンクーバーでの英語学習 Part 1 「Eh+」
第6話: バンクーバーでの英語学習 Part 2 「Sprott Shaw College プレゼンテーション強化コース」
第7話: バンクーバーでの英語学習 Part 3 「ランゲージエクスチェンジ」
第8話: バンクーバーでのバイト探し
第9話: Co-opプログラムとインターン
第10話: インターンからアルバイト、そして帰国
第11話: 日本帰国とバンクーバー再渡航
第12話: 就職活動、苦悩、意外なきっかけ
第13話: 見込み薄のミーティング 、そして…
第14話: 初サンフランシスコと初英語ミーティング
第15話: 英語リサーチとクライアントの説得
第16話: Trademark問題、Amazonストア、ブランド名の変更
第17話: 最後の2週間とこの先

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

employment  北米就職に関する記事

北米就職 , コラム

TOEIC450点から4ヶ月で北米就職した経験者が語る海外就職に失敗する3つの理由

2016.11.30
北米就職 , インタビュー

保育未経験からカナダで保育士になるまで | COSのHarukaさんインタビュー

2019.06.08
北米就職 , インタビュー

カナダ・バンクーバーで就職!Leoさんの海外就職インタビュー

2019.02.22

stories  ストーリーに関する記事

北米就職 , ストーリー

第0話: ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

2019.08.30
北米就職 , ストーリー

第1話: あるきっかけ | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

2019.09.06
北米就職 , ストーリー

第2話: 英語への憧れと留学への決意 | ブランドマーケターのバンクーバー留学ストーリー

2019.09.13

pickups 注目記事

北米進出 , コラム

人工知能研究のメッカ、カナダの東海岸でAIの商用化を進める Vector InstituteとIVADOとは?

2020.11.02
北米進出 , コラム

【2020年7月発効】新NAFTA (USMCA/CUSMA/T-MEC) と北米の自動車業界への影響

2020.10.21
北米進出 , リソース

アメリカ進出している「医療・ヘルスケア」業界の日本企業の米国子会社98選 (州別)

2020.09.25
Touch-Base Peer-to-Peer

Touch-Base Peer-to-Peerは海外で活動する人同士の情報交換・コラボレーションを目的として作られたFacebookグループです。これから海外に挑戦する方からの質問や相談も受け付けております。参加料は無料。お気軽にご参加ください。

Facebookグループページを開く
Touch-Baseの無料ニュースレター

最新のアメリカ・カナダのビジネス情報やウェビナーやワークショップの情報をお届け。購読無料です。






Privacy Policyページ