Podcast , インタビュー , 北米進出

使いすぎNG。英語の皮肉 (Sarcasm)について押さえておくべき4つのこと

使いすぎNG。英語の皮肉 (Sarcasm)について押さえておくべき4つのこと

, ,

今回のテーマは「使いすぎNG。英語の皮肉 (Sarcasm)について押さえておくべき4つのこと」

英語を使う上で切り離せないのが、英語の皮肉 Sarcasm。
イギリス出身の同僚と働いている時は、少なくとも一日に5回はSarcasmを使っていたように記憶しています。

今回は、そのSarcasmについて押さえるべき4つのポイントをご紹介。
Sarcasmは見知らぬ人と一瞬で仲良くなれるので便利な反面、長期的に見ればネガティブな影響も。

英語に少し慣れてきて、Sarcasmを日常的に使っている方に見ていただきたい内容です。

※注釈: 皮肉の表現として、Sarcasm以外にIronyがあります。細かなニュアンスの違いがあり、大まかに説明すると、今回ご紹介するSarcasmは悪意のある皮肉で、時に他の人を傷つけることがある表現のことを指します。

  • Ironyの例: アメリカ出張に行ったけど、結局食べたものは寿司ばっかりだった。
  • Sarcasmの例: 今回のミーティングはとても有意義だった。おかげで睡眠不足が解消された。(=本当はミーティングの話は聞かず居眠りをしていた。)

そのため、Sarcasmは「嫌みを含んだ皮肉」という訳し方が適切かもしれません。

上記を踏まえて、Sarcasmの話を進めていきます。
これまでと同じく音声は英語で、日本語の要約は下記の通りです。

Speaker: Spencer Thurlow:

日米間のビジネス開発のプロフェッショナル。
2016年に高知にある英語学校で海外留学のプロジェクト発足に従事する。
帰国後は日本での経験を活かし、ボストン日本協会のMembership Managerを務める。

Podcastアプリで購読する(無料):

使いすぎNG。英語の皮肉 (Sarcasm)について押さえておくべき4つのこと

Spencer
今日は、英語の皮肉 (Sarcasm)についてお話ししていきます。
英語の会話において、Sarcasm は使用頻度が非常に高いです。今回はいくつかの重要なポイントをご紹介します。

  • Sarcasmは会話の中で避けられないもの。
  • Sarcasmを識別するためには、会話のトーンに注目することが大切。
  • Sarcasmは常にネガティブなもの。Sarcasmは「ユーモアを装った敵意」と言われている。
  • オフィスでSarcasmを多用している場合は注意。低賃金や長時間労働のような根本的な不満が蔓延している場合が多い。

Sarcasmかどうかは会話のトーンで判断できる

Spencer
まず、Sarcasmの説明する上で、もっとも重要になる会話のトーンについて話していきます。

会話のトーンは「話者が本当に言いたいこと」を理解する上で非常に重要です。
そこで、書き言葉と話し言葉ではどのように異なる意味を伝えることができるのか、有名な例を使ってみていきましょう。

“I want to talk about David’s business plan.”

普通のトーンで読むと、辞書で定義されている通りの意味「Davidのビジネスプランについて話がしたい」になります。

ただし、この文章のどこにトーンや強調を置くかによって、少なくとも7つの異なる意味になります。
場合によってはそれ以上の意味があります。

まず1つ目の例は、’I’ を強調して読むパターンです。
この例では、他の誰でもなく「私」がこのビジネスプランについて話をしたいことが強調されます。

2つ目の例は、’want’ を強調して読むパターンです。
この例では、このプランについて話したいが他にも議題があるので、今は話せないという意味となります。

3つ目の例は、’talk’ を強調して読むパターンです。
この例では、自身がビジネスプランについて非常に重要な情報を持っていたり、強い意見を持っていることを意味します。

4つ目の例は、’about’ を強調して読むパターンです。
この例では、このビジネスプランの基礎的な部分、もしくは上手くいかない理由について確信がないという意味合いになります。

5つ目の例は、’David’ を強調して読むパターンです。
この例では、Davidがポジティブな意味でもネガティブな意味でも非常に重要であるということを意味します。

そしてここからがSarcasmの意味が込められた例となります。

6つ目の例は、’business’ を強調して読むパターンです。

この例では、Davidが持っているいくつかのプランの内、ビジネスプランを話すという意味か、このビジネスプランは検討するに値しないと感じていることを意味します。後者の場合、Sarcasm 的な意味合いとなります。

最後の例は、’plan’ を強調して読むパターンです。
6つ目の例と同様に、Davidがビジネスプラン以外の書類を持っていることを強調するか、もしくは彼のプランは真剣に検討するに値しないと感じているというSarcasm的な意味合いとなります。

Akihiro:
5つ目の例の”David”を強調するパターンも他の誰かのプランであることをほのめかしたSarcasmになりませんか?

Spencer
確かにそうですね。
ただし、そういった場合は、Air quotes(引用のジェスチャー)を使った方がいいかもしれません。

このAir quotesを使った場合は、Sarcasmというよりは、David個人を否定するような形となります。
例えばDavidが嘘を付いている、彼はビジネスのことを知らない、プランを立てるスキルがないということをほのめかすこととなります。

Akihiro:
Air quotes(引用のジェスチャー)について聞きたいと思っていたのですが、ビジネスシーンでAir quotesを使うのは適切なのでしょうか?
個人的には、少し幼稚な印象を与えてしまうと感じるのですが。

Spencer
そうですね、確かに少し幼稚な印象を与えてしまいます。

Sarcasmで短期的な関係構築は可能、しかし長期的な関係は生まれない

Spencer

Sarcasm的な表現が周りに与える印象について少し話したいと思います。

個人的には歳を重ねるごとに、Sarcasm的な表現を使うことが少なくなってきたかなと思います。

例えば高校生の時は、毎日のように会話の中でSarcasm表現を使っていたと思います。
なぜなら、Sarcasmを使うことで、簡単に話し相手と繋がりを構築することができるからです。

先ほどの例でいうと、DavidのプランをSarcasm表現を使って否定することで、周囲の人とは繋がりが生まれます。
ただし、Sarcasmは否定的な意味合いとなるので、繋がりを生む一方で、ある個人を攻撃しているような形となります。

Sarcasmを使い続けると、長期的な繋がりというものを生み出すことはできません。
それに気づいてからは、Sarcasmを使うことは少なくなってきました。

Akihiro:
以前お話しした’Witty banter’(軽い冗談) もSarcasmの1つと言えますか?

Spencer
そうですね、Sarcasmを軽い冗談として使うことはできるかなと思います。

ただし、Witty banterにはその場を明るくするというのが目的になる一方で、Sarcasmは根底にはネガティブな側面があるという違いがあります。

例えば、Witty banterを使う時は、お互いがユーモアを楽しむ空気感があります。
逆にSarcasmは惨めな状況で、一緒にこの惨めな状況を嘆こうという前提があります。

Sarcasmには周りにも大きな影響を与えます。
その為、プレッシャーのかかるオフィスや、給料が高くなかったり、労働時間が長かったり、ひどい上司がいたりするような不満が多い状況では、Sarcasmが蔓延する傾向にあります。

こう見ると、「ユーモアを装った敵意」と表現されるSarcasmは、気の利いた冗談であるWitty Banterとは少し違いますね。

疑問文と最上級の形容詞はSarcasmのサイン

Akihiro:
英語を母国語としない人にとっては、どのようにしてSarcasmを見分けることができるのでしょうか。

Spencer
まず、先ほどご説明した会話のトーンに注目することが重要です。

疑問文が使われる場合も、見分けるポイントとなります。
本来疑問文にならない場合に、不自然に疑問文が使われる場合はSarcasmなコメントである可能性が高いです。

よくあるケースとして、外部要因を使ったSarcasmです。
例えば、会議の際に外で雨が降っていたら、’Oh, great weather, huh?’「素晴らしい天気ですね?」とSarcasmで会話をスタートさせることがあります。

ここでは、まず前提として、実際には天気が悪いのにポジティブな発言をするというSarcasmが使われています。
さらに疑問文を使うことで、そのSarcasmを強調していることがわかります。

このSarcasmをさらに強調するには最上級の形容詞を使います。
“I want to talk about David’s super fabulous business plan.”

この場合だとすぐにそれがSarcasmだとわかり、よっぽどひどいビジネスプランであることがわかります。
疑問文と最上級の形容詞があるかどうかも、Sarcasmを見分けるポイントになるかと思います。

English ver: 4 Things to Know Before Using Sarcasm

Spencer
Today, we’re going to talk a little bit about sarcasm.
Sarcasm is integral to spoken English and here are some key takeaways.

The first one is, like I said, sarcasm is integral to spoken English.

The second takeaway is that to identify sarcasm, you need to understand tonality, and how tones are used in American English and we’ll look at that in a minute.

The third takeaway is sarcasm is always negative.
I haven’t heard or experienced positive sarcasm. And sarcasm has been described by psychologists as hostility disguised as humour.

And the fourth takeaway is for business if you’re going to an office culture that uses a lot of sarcasm, be careful.

People are hostile. There’s usually an underlying complaint that hasn’t been addressed, like low wages or long hours so it can sort of serve as a warning, at least in my experience.

Tonality is The Key to Identify A Sarcasm

Spencer
I want to start with the tonality piece of what sarcasm is because I think that is one of the most important things.

Tonality in general is very important to understand in the English language.
So I’m going to use the famous example that’s been circulated around about expressing how written English and spoken English can convey different meanings.

So consider the sentence, “I want to talk about David’s business plan.”
If I read it just in a neutral tone, it means simply what the dictionary definition of that sentence is, which is David has a plan and I would like to talk about it.

There’s no other information that’s communicated but depending on where the tone or emphasis is placed on this sentence, there can be at least seven different meanings, possibly more.

So, I’m gonna read a few in order, and I’ll read the sentences first and then talk about them.

I want to talk about David’s business plan.
So with emphasis on “I”, you communicate that you want to talk about the plan, but or where others in the room don’t want to.

I want to talk about David’s business plan.
With the emphasis on “want”, you communicate that you would like to talk about the plan, but there are other things that must be discussed first and moving on.

I want to talk about David’s business plan.
With the emphasis on “talk”, you communicate that you have very important information or a strong opinion about the plan.

Moving on, I want to talk about David’s business plan.
With an emphasis on “about”, you communicate that you are unsure of something very basic about the plan or about a reason why the plan might not work.

Moving on, I want to talk about David’s business plan.
With an emphasis on “David”, you’re communicating that David himself is very important in a positive or negative way to the planet itself or that David’s plan is one of many plans on the list.

Okay, in the next example we get into some sarcasm. I want to talk about David’s business plan.

With an emphasis on the word “business”, you’re communicating that either that David has a few plans and you’re talking about business one, or that you feel that his business plan is not worthy of serious consideration.
The second meaning is sarcastic usage.

And then, finally, we emphasize the final word in this sentence.
I want to talk about David’s business plan.

Similar to number six would be an emphasis on a “plan”, you’re communicating that either David has a number of documents, like a report or a mission statement. And that you’d like to talk about the plan, as opposed to a report, or again, in a sarcastic way that you feel his plan is not worthy of serious consideration. And this meaning it’s a sarcastic usage.

Akihiro:
I think number five, I want to talk about David’s business plan can be sarcastic too. Implying that it could be someone else’s plan.

Spencer
Oh, that’s true.
Well, so that’s interesting.

In that situation, you might use what’s called air quotes.
I want to talk about “David’s” business plan, something I think actually maybe a little different than sarcasm which would be that David is not in fact the author of the plan so that David is an implying that David is a liar.

So yeah, if you find that David obviously plagiarized the plan,

But it’s important to point out that this is a negative meaning from this sentence. It’s not exactly sarcastic.
When you say “David” business plan, you’re attacking David personally.

You’re implying that David does not know about business, or does not have the skills to develop a plan, or that the plan is in some other way,

 

The Effects of Using Sarcasm

Akihiro:
I think as speaking of air quotes, I was going to ask you about it.
Is it appropriate to use air quotes in a workspace?

I personally don’t like air quotes because it seems like a teenager or something

Spencer
Yeah, I have to agree with you on air quotes, I feel they are a little bit immature.

And I’ll talk a little bit about that. When we should move into that section of it.

Personally I’ve found that I’ve used sarcasm less and less as I get older.

I think every single day in high school, I used sarcasm to describe virtually everything around me.

But as I’ve grown in maturity and attained more decision making power and have more control over the events around me, I use sarcasm less and less because what sarcasm really is at its core, is a way to bond over a negative event. Like if I say to you, going back to the plan. if I say “David’s” business plan, I’m attacking David by saying it is a stupid plan, but I’m also attempting to create a bond with you.

It’s good in one way, but it also generated a negative situation. And if I do that enough times, you’ll start to notice that it’s the only thing that I do.

Because it’s a convenient way to bond with people and it’s a convenient way to create instant friendship so to speak, you can just slip into doing it all the time, which I feel can have disastrous results, because ultimately you’re bonding over negativity.

Akihiro:
I think it comes back to the witty banter that we talked about.
Witty banter is one of the forms, who sarcasm, isn’t it?

Spencer
Yes, I think witty banter can employ sarcasm.

However, I think witty banter can have a light-hearted aspect to it, whereas sarcasm I feel is always really heavy and comes actually from a very negative place.

In the course of doing witty banter, both parties can actually feel that this situation is actually humorous.

They’re coming from a place of humour, you’re like “well, this is a ridiculous situation. Let’s have fun”
But sarcasm always comes from a place of, “I am miserable. Let’s both be miserable together.” kind of thing,

which you’ll find and I wanted to say on the last takeaways is because it’s very compelling to be sarcastic, offices that are under a lot of pressure and in situations in which groups of people aren’t being paid well or working too hard or a very terrible boss, you’ll find sarcasm rampant in those offices.

Like I say, hostility disguised as humor, a little bit different from witty banter that quote came from a contemporary psychologist, by the way, Clifford N. Lazarus.

How to Spot Sarcasm

Akihiro:
For non-native English speakers, how can they spot sarcasm?

Spencer
I think you have to look at tonality like I said, and I think if you really want to spot it, you have to get into that.

I feel the way in which sarcasm is notated.
In the English language, this happens a lot with the object of the sentence.

I want to talk about David’s business plan.
If you can identify there then I’m posing a question on the word “business”, it’s really a term that can be good.

Look at where the question is.
If they question something that doesn’t seem like it naturally should be questioned, that’s a strong piece of evidence that indicates that it could be a sarcastic comment.

And one of the common ways I use sarcasm is talking about external factors like you have a business meeting or something, raining.
So a great way to start stung this conversation. “Oh, great weather huh”.

I want to talk about David’s “super, fabulous” business plan.

So here I am questioning.
First of all, I’m saying something is positive when in fact it’s not so. That’s another indication. That’s another overt indication that the speaker is using sarcasm.

And then I questioned it, I said, huh. Right. “Is it great weather Huh”, this weather is totally crappy, is what I’m trying to say.

But I use a superlative way, which is important to point out.
If I wanted to be more sarcastic, about David’s business plan. I’d say, I want to talk about David’s super fabulous business plan.

Now you’d really get it like wow, like, “this is obviously going to be a terrible business plan.”

I used some superlatives that the plan is not deserving of those superlatives.
So those are two markers in which sarcasm comes out.

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

expansion  北米進出に関する記事

北米進出 , コラム

【2020〜2021年版】アメリカの主要展示会リスト112選 (ラスベガス、ニューヨーク、サンフランシスコ他)

2020.04.27
北米進出 , インタビュー

Jokes in a Business Setting – 英語圏のビジネスシーンでのジョークはWitty Banterが鍵 – Ep. 09

2020.02.11
北米進出 , コラム

ウェブサイト英語化のポイント10個 + 使える英語表現テンプレート31選 [アメリカ・カナダ向け]

2019.09.02

interviews  インタビューに関する記事

film-crew
北米起業 , インタビュー

「ニューヨーク x 未経験」映画業界への挑戦、ドラマ『報道バズ』の監督、川出真理さんインタビュー

2020.02.14
北米進出 , インタビュー

GAFAがニューヨークのハドソンヤード地区にて2万人雇用予定。背景には働き手の趣向の変化があった? – Ep. 11

2020.02.24
北米進出 , インタビュー

Eco Town流アメリカ人社員のモチベーションアップのためにできる4つのこと

2019.08.20

pickups 注目記事

北米進出 , コラム

【8月22日(土)開催トークセッション】アメリカ小売最前線!JINS Eyewear USと考えるコロナ渦への適応とデジタル化の推進

2020.07.29
北米進出 , コラム

[Google Analytics & CCPA] Google AnalyticsのClient IDは個人情報?Client IDの確認と削除方法

2020.07.09
北米進出 , インタビュー

[2020年度版] 使える英語のイディオム(慣用句)表現105選 + 押さえるべき3つのイディオムタイプ

2020.07.07
Touch-Base Peer-to-Peer

Touch-Base Peer-to-Peerは海外で活動する人同士の情報交換・コラボレーションを目的として作られたFacebookグループです。これから海外に挑戦する方からの質問や相談も受け付けております。参加料は無料。お気軽にご参加ください。

Facebookグループページを開く
Touch-Baseの無料ニュースレター

最新のアメリカ・カナダのビジネス情報やウェビナーやワークショップの情報をお届け。購読無料です。






Privacy Policyページ